IIS

【IIS】ASP.NET Core IIS構築手順

Windows ServerでASP.NET Core アプリを公開するためのIISの設定手順を紹介します。

【検証環境】Windows Server2019 / IIS10.0 / ASP.Net Core 3.1

サーバーの準備

本稿ではさくらのVPS for Windows Server を利用します。(検証用のため、最安のW1Gプラン)
2週間トライアル無料のため、期間中に解約すれば料金はかかりません。

IISのインストール

①サーバーマネージャーから、役割と機能の追加を選択

②<開始する前に> – 次へ

<インストールの種類の選択>役割ベースまたは機能ベースのインストールを選択した状態で次へ

<対象サーバーの選択> – 対象サーバを選択して次へ

<サーバーの役割の選択>Webサーバー(IIS)を選択して次へ

⑥機能の追加をする

<機能>ASP.NET 4.7 を選択して次へ

<Webサーバーの役割(IIS)> – 次へ

<役割サービスの選択> – デフォルトの状態で次へ

<確認> – インストール

インストールが完了すると、サーバーマネージャーにIISが表示されるようになります。

ツールのインストール

下記リンクより各インストーラーをダウンロードします。
・.NET Core SDK x64
・.NET Core Runtime(Hosting Bundle)
ダウンロードしたインストーラーを実行してインストールを完了します。

https://dotnet.microsoft.com/download#windowscmd

ダウンロードしようとすると下記のようなポップアップが表示されました。

VPSのIEの初期設定でダウンロードが無効になっていました。
下記の通り設定を変更する必要があるようです。

IISの設定

スタートメニューからインターネットインフォメーションサービス(IIS)マネージャーを選択

アプリケーションプールを右クリックして、アプリケーションプールの追加を選択

任意のアプリケーションプール名を入力
.Net CLR バージョンでマネージコードなしを選択してOK

サイトを右クリックしてWebサイトの追加を選択

任意のサイト名を入力
物理パスにはあらかじめ作成していたアプリケーションを格納するフォルダを指定
※本稿ではEドライブを作成してフォルダを作成しました。(パーティションの作成手順などは割愛します)

はいでOK

Webサイトの管理から、Default Web Site を停止させ、追加したサイトを開始

アプリケーションのデプロイ

発行したアプリケーションをIISの物理パスで指定したフォルダにデプロイします。

ブラウザでIPを指定して開くとアプリケーションが動作することが確認できました。

エンジニアの転職ならこれ!

【第二新卒向け】マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20'sは、20代・第二新卒・既卒向けの転職エージェントです。

▼こんな方におすすめ
・はじめて転職しようと思っている
・転職できるだけのスキルが自分にあるか不安
・手厚いサポートを受けたい

【フリーランス向け】 Midworks

Midworksは豊富な案件と「フリーランス」と「正社員」の良いとこ取りをした働き方を実現する手厚い保障が特徴です。

▼こんな方におすすめ
・現在正社員でフリーランスになろうか悩んでいる
・フリーランスとして働いているが、先行きが不安がある  (安定的な案件確保や保障など)
・自分の市場価値を知りたい、見合った案件で参画したい
・今後のキャリアビジョンを踏まえて案件を選びたい