Azure

【Azure】App Service にデプロイする方法

.NET6で作成したWebアプリケーションを公開したい場合に、いくつかの方法があります。そのうちの一つとして、AzureのApp Service を利用する方法があります。

App Service を利用すると手間が少なく、とても楽にWebアプリをデプロイすることが可能です。今回はAzure App Service の使い方を検証します。

【検証環境】Azure App Service / ASP.NET Core Webアプリケーション

Webアプリの作成

今回はASP.NET Core Webアプリを作成します。デプロイ検証のため特にいじらずデフォルトの状態のままにします。

作成後に実行すると、下記のような画面がデフォルトで表示されます。

GitHub に登録

Webアプリが作成出来たらGitHubに登録します。リポジトリはプライベートで問題ありません。

また、デプロイするブランチを選択できるため、「master」とは別に「test」ブランチを作成してみます。

App Service にデプロイ

 Azure Portal画面からApp Service を選択し、作成を選択します。

各項目を入力します

名前は一意である必要があるため、ありきたりな名前は重複する可能性があります

GitHub Actions の設定を有効化し、公開したいソースを設定します

デプロイを行うとしばらくすると下記のように完了表示されます

アプリのデプロイを管理しますを選択します

左のナビゲーションから概要を選択し、URL先に飛んでみると…

デプロイされていることが確認できました!

エンジニアの転職ならこれ!

【第二新卒向け】マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20'sは、20代・第二新卒・既卒向けの転職エージェントです。

▼こんな方におすすめ
・はじめて転職しようと思っている
・転職できるだけのスキルが自分にあるか不安
・手厚いサポートを受けたい

【フリーランス向け】 Midworks

Midworksは豊富な案件と「フリーランス」と「正社員」の良いとこ取りをした働き方を実現する手厚い保障が特徴です。

▼こんな方におすすめ
・現在正社員でフリーランスになろうか悩んでいる
・フリーランスとして働いているが、先行きが不安がある  (安定的な案件確保や保障など)
・自分の市場価値を知りたい、見合った案件で参画したい
・今後のキャリアビジョンを踏まえて案件を選びたい