DB

【SQL Server】TRUNCATE TABLE でデータを高速削除

テーブル内のすべてのレコードを高速に削除する際には、DELETE文ではなくTRUNCATE TABLEを使うことをおすすめします。

本記事ではTRUNCATE TABLE についての概要をまとめます。

TRUNCATE TABLE の使い方

構文

TRUNCATE TABLE テーブル名

TRUNCATE TABLE はWHEREでの条件指定ができません。テーブルのすべてのレコードを削除するためです。
また、TRUNCATE TABLE はトランザクションでの制御が可能です。ロールバックすれば削除を取り消すことができます。

DELETE と TRUNCATE TABLEの違い

速度

DELETE文では1件ずつ実行されるため、レコード数が多いほど時間がかかってしまいます。
一方で、TRUNCATE TABLEでは一括削除するためレコード数が多くても高速削除ができます。

IDENTITY

DELETE文ではレコードを削除しても、IDENTITYの値はリセットされません。
一方で、TRUNCATE TABLEではIDENTITYの値がリセットされます。

下記のSQLでIDENTITYの現在値を確認することができます。

  SELECT IDENT_CURRENT('TEST') AS CurrentID

下記の画像のようにIDENTITYが3の状態でDELETE文を行ってもリセットは行われません。

TRUCATE TABLE を行うと、IDENTITYが1にリセットされます。

エンジニアの転職ならこれ!

【第二新卒向け】マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20'sは、20代・第二新卒・既卒向けの転職エージェントです。

▼こんな方におすすめ
・はじめて転職しようと思っている
・転職できるだけのスキルが自分にあるか不安
・手厚いサポートを受けたい

【フリーランス向け】安心保障と豊富な案件紹介 Midworks

Midworksは豊富な案件と「フリーランス」と「正社員」の良いとこ取りをした働き方を実現する手厚い保障が特徴です。

▼こんな方におすすめ
・現在正社員でフリーランスになろうか悩んでいる
・フリーランスとして働いているが、先行きが不安がある  (安定的な案件確保や保障など)
・自分の市場価値を知りたい、見合った案件で参画したい
・今後のキャリアビジョンを踏まえて案件を選びたい

【未経験向け】自宅で現役エンジニアから学べる TechAcademy

テックアカデミーは、現役エンジニアから学べるオンラインに特化したプログラミングスクールです。
講師は全員、通過率10%の選考に合格した現役エンジニア。
確かなスキルをもとに受講生をマンツーマンサポートします。


▼こんな方におすすめ
・自宅にいながらオンライン完結で勉強できる
・受講生に1人ずつ現役エンジニアのパーソナルメンターが専属でつく
・チャットで質問すればすぐに回答が返ってくる
・オリジナルサービスやオリジナルアプリなどの開発までサポート